ゲーム・予算・目的をはっきりと決めよう

初めてのゲーミングパソコンを購入するのなら、決めておきたいことが色々とあります、何も決めずに『とりあえず』で購入すると、結局宝の持ち腐れになってしまいます。
そんな、ゲーミングパソコンを購入するために考えておくべきこと・準備しておくべきことを書いていきます。以下のことを決めずに選ぶと変なパソコンを買ってしまうかもしれません。目的をしっかり定めることが大切です。

どんなゲームをするのか?

ゲームができるパソコン、と言われても、どんなゲームをしたいか、がわからないと、購入するパソコンの性能がブレブレになってしまいます。
3DCGをバリバリ使ったようなゲームが欲しいのでしたら、ハイエンドパソコンが必要でしょう、逆にブラウザゲーム程度でよろしけえれば、通常のノートパソコンでもメモリなどつんでいれば動きます。
ゲームの種類によってもFPSのような動作の速いゲームか、シミュレーションゲームのようなまったりプレイできるゲームかによっても、モニターの性能を気にしたり、マウスやキーボードの性能を考慮する部分が変ってきます。

ゲーム以外に使用する用途があるのか?

ゲーム以外に使用する用途、たとえば動画の編集をしたい、3DCG画像を処理したい、というような目的があるようなら、こちらもハイエンドパソコンが良いでしょう。
ネットやメールしかやらないような人は、ゲームにあわせてパソコンを購入しても大丈夫です。

予算をはっきりと決める

パソコン本体の値段にいくら出せるか、という費用はしっかり決めておきましょう、お店で相談する場合は予算+αをすすめられるので、自分の予算からマイナス数万円を引いておきましょう。
パソコンは本体だけでなく、マウス、キーボード、モニター、などなど付属の周辺機器にもお金がかかります、本体だけでなく、周辺機器の費用もとっておきましょう。

上記が決まったら

あとは、プレイしたいゲームと予算にあわせてパソコンを選びましょう。
最初から自作は難しいので、BTOショップで、ハイエンドパソコンかミドルエンドパソコン、プレイしたいゲームが決定しているのなら、そのゲーム推奨のパソコンが良いでしょう。
また、ノートパソコンかデスクトップパソコンか、という迷いも生じると思いますが、よほど出先でもゲームをプレイしたいということが無いのであれば、デスクトップパソコンの方をオススメします。
ゲーミングノートパソコンは重い上に、大きく持ち運びには適してません、また後々部品交換などもできないので、買い切りになる覚悟で購入することをオススメします。
慣れてきたら、自作をして、後々自分で部品交換などができるようになると、長くパソコンを使用できます。
ゲーミングパソコンというと敷居が高く聞こえますが、そんなことはありませんので、まずはBTOショップなどで相談して購入すると良いでしょう。